絵本・読み聞かせ

親子で読みたい!ひな祭り絵本3冊紹介【0~3歳向け】

3月3日はひな祭りですね。

我が家に女の子はいないのですが、季節の行事は家族で楽しむようにしています。
もうすぐ3月になるので息子にはひな祭りがテーマの絵本を読んでいます。
絵本で気軽に季節の行事が楽しめるのは良いですよね!
まだ1歳半なので読める絵本が少ないですが、読みながらひな祭りはどういうものか話してあげるようにしています。

1歳から楽しめる絵本と、3歳くらいから楽しめる絵本に分けて紹介します。
年齢は参考程度に見て下さいね。

では年間1000冊読み聞かせをしている中から1~3歳児向けのオススメ絵本を紹介します。

ももも【0歳~】

ひな祭りは桃の節句とも呼ばれていますので、この絵本を紹介します。

この絵本にはいろいろな桃が出てきます。

「もも…」「ももも…」とリズミカルな読み方がとても面白いです。
読み方を変えながら読むと、何度読んでも楽しい1冊になりますよ!
まだ言葉が分からない0歳の子どもでも楽しめます。

ひより
ひより
息子もいろいろなリズムをつけて読んであげると大笑い

みんなでおひなさま!【1歳~】

可愛らしい動物の絵と簡単なストーリーで1歳前後の赤ちゃんでも楽しむ事が出来ます。

また仕掛け絵本なので目で見ても楽しい絵本です。
息子も仕掛け絵本が大好きなので、何度もめくっていました!

おひなさまの ちらしずし【3歳~】

ひな祭りと言えば、ちらし寿司。表紙の美味しそうなちらし寿司に惹かれますね。

お母さんと、今年初めてお姉ちゃんも一緒にちらし寿司を作るお話です。

この絵本を読んだ子どもは、ひな祭りに自分でちらし寿司を作ってみたくなるのではないでしょうか。
自分で作る行事食の楽しさと喜びを感じるキッカケになる絵本ですね。

まとめ ひな祭り絵本のオススメ

まだ息子には早かったのですが、絵本でひな祭りの由来や意味を学ぶ事ができる絵本もあります。

絵本から季節の行事を学んだり、雰囲気を楽しむ事が出来るので、オススメです。

いつもの読み聞かせにプラスしてみてはいかがでしょうか♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。